カリフォルニアサプライチェーン法

2010年のサプライチェーンにおけるカリフォルニア透明性法準拠のための開示

ケミン社は、私たちのサプライチェーンが確実にケミン社の価値を提供し、人権と環境に対して配慮することを約束します。その目的のために、サプライヤーとは合法的、効率的かつ公正に関係を持つことをケミン社の方針としています。ケミン社は、サプライヤーが労働者を公正に扱い、安全で健康的な職場環境を提供し、環境を保護することに関する法律に従うよう求めています。ケミン社は、サプライヤーが、ケミン社の評判を損なわないようにするためのガイドラインを遵守することを希求いたします。

1.     人身売買や奴隷制のリスクを評価し対処するために製品サプライチェーンの検証を確実に行います。検証は第三者によって行われなかったことを開示・明記しなければなりません。

ケミン社は、独自のスタッフを使用して、サプライヤーが関連するすべての法律を遵守しているか確認しています。ケミン社のスタッフは、時を見てサプライヤーを訪問しコンプライアンス遵守のためアンケートをとっています。 私たちは第三者の検証者を使用しません。

2.サプライチェーンにおける人身売買および奴隷制度に関するコンプライアンスを評価するために、サプライヤーの監査を実施します。検証は予告なく第三者が行ってはなりません。

ケミン社は、このことを確実にするために、作業監査、文書監査、サプライヤーによる質問票記入を執り行い、すべての関連法を遵守し続けています。さらに、ケミン社の購買および品質管理スタッフは、サプライヤーへの要件に矛盾がないか環境、健康、安全、および労働の面から注意を払っています。ケミン社は、適切な調査の実施のため、サプライヤーに対する不適切な行動が疑われる場合そのすべて報告するようスタッフに要請しています。

3.サプライヤーは、製品に使用されている材料が、その国々での奴隷制および人身売買に関する法律に違反しないことを証明しなければなりません。

ケミン社は、購買の際に厳しい監査プロセスを採用しており、この中でサプライヤーが従業員に強硬、拘束あるいは年季奉公による労働を課さないこと、いかなる形の強制や弾圧もしないことなどについてのすべての法律に従うことをサプライヤーに要求しています。ケミン社のサプライヤーは、さらに彼らのサプライヤーに対しても同じコンプライアンス基準を希求しています。ケミン社の注文条件および供給契約には、サプライヤーが私たちの反奴隷制および人身売買の基準を遵守しなければならないとの条項があります。したがって、私たちとビジネスをする上での条件および自己認証の方法として、以下の条項が示されています:「カリフォルニア州透明性法。販売人は、2010年のカリフォルニア州サプライチェーン透明性法に準拠して、事業を行うすべての国における奴隷制および人身売買に関するすべての法律に準拠していることを表明しなければなりません。」

4.奴隷制度および人身売買に関する会社の基準を満たさない従業員または請負業者に対する内部の説明責任の基準および手順を保持します。

ケミン社は、社内の説明責任の基準と手順を保持しており、その詳細は、行動規範に記載されています。 2010年のカリフォルニア州サプライチェーン透明性法を遵守しなかった、あるいはケミン社の期待に応えなかったサプライヤーはケミン社とは契約解除になります。ケミン社のポリシーに違反した従業員は、その違反がいかなるレベルであっても現地の関連法および契約上の取り決めに従って、雇用契約解除を含む懲戒処分の対象となります。

5.特に製品のサプライチェーン内のリスクを軽減するため、サプライチェーン管理、 人身売買・奴隷制に関するトレーニングに直接責任を持つ従業員と管理者を配備します。
 

ケミン社は、責任あるサプライチェーン業務、および人身売買、強制労働、児童労働リスクを特定、防止、軽減するためケミン社が行っていることを従業員がよりよく理解するためオンラインコースを開発しています(オンラインラーニングポータルを通じて提供予定)。