が表示されています アジア太平洋地域

shutterstock 1752412076 sustainability

生活の質の持続的向上を追求

私的家族経営の企業であるケミンは、現在から将来の世代のために、世界中の生活の質を持続的に変革することに取り組んでいます。2021年には、2050年までに温室効果ガス(GHG)排出量をネットゼロにするというコミットメントを発表し、地球規模の気候変動に対して積極的な姿勢で臨むと公約しました。

持続可能性へのこのコミットメントはサーバントリーダーシップによるアプローチの核心です。これによって、私たちは地球の限りある資源を守りつつ、従業員、お客様、そして当社が日々従事する40億人を超える人々の成長と福祉を重視しないわけにはいきません。

 

「このコミットメントは、従業員、お客様、地域社会、そして将来のすべての世代のためのものです。ケミンのような企業は、この重要な目標に向けた試みに挑み、他の人々を団結させて、気候変動に対する世界的な取り組みに参加させることができます。より良い明日をつくるには、私たちが今日、自分の役割を果たさなければなりません」 – 社長兼CEO、クリス・ネルソン博士
Chris Nelson_small

持続可能性の3つの柱:人々、地球、ビジネス

ケミンは「人々」「地球」「ビジネス」に焦点を合わせたモデルを用いて、持続可能性へのコミットメントを強化しています。つまり、「3つのボトムライン」枠組みへのアプローチです。このビジョンを私たちの仕事や生活に統合すると、今後発生する極めて困難な課題に対処できるようになり、将来の世代が自身の問題を解決する能力も損なわずに済みます。

healthy_people_no_leaves

健康な人々

生活の質を持続的に向上させる

従業員、パートナー、顧客、そして地域社会の人々に力を与えて、健康な未来に貢献し、持続的に生活を向上させることができるようにします。私たちは、ケミンで働く3,300人を上回るグローバル従業員と、当社の製品やサービスによって日々、変革している40億人を超える人々を大切に思っています。

当社の従業員は、人、動物、環境にポジティブな影響を与えるプログラムを開発することで、持続的に生活を向上させます。ケミンの従業員一人ひとりの職場や地域社会での行動が改善に貢献することになります。ですから、私たちは地域レベルとグローバルレベルで達成可能な社会貢献活動を推進し、一方ではサーバントリーダーシップやパートナーシップを通じて地域社会に成果を還元する責任を育んでいます。当社は世界中で持続可能な慣行を促している、持続可能性支持者からなるチームを支援します。

健康な人々についての活動:

グローバルおよび地域のコミュニティとの関与

  • 当社は、80カ国以上で紛争により避難している人々に救命食糧サービスを提供する国連世界食糧計画(WFP)と提携しています。
  • 科学および一般教育、住宅や食料安全保障、持続可能性、活力ある地域社会の実現に焦点を合わせたボランティア活動や慈善事業を通じて、地域社会に利益を還元しています。
  • 地元と世界各地のハビタット・フォー・ヒューマニティを支援しています。

従業員のエンゲージメントと能力開発

  • 当社は、全従業員や人材募集に関してグローバルな多様性および包摂性戦略を策定しています。
  • 環境にやさしい輸送を提唱しています。
  • 敷地内に果樹園、野菜畑、ミツバチなどがいる花粉媒介のある庭をつくっています。
healthy_planet_icon

健全な地球

ケミンの環境への影響を積極的に変革する

当社は、子どもたちやそのまた子どもたちにとってより良い地球を作ることを目指しています。そこでは、あらゆるニーズが満たされ、生活が向上し、真の変革が実現した地球です。2050年までに温室効果ガス(GHG)排出量をネットゼロにするという、意欲的なグローバルな持続可能性ビジョンを達成する方法はただひとつ、持続可能性を徹底的に管理し続け、事業活動における環境への影響を低減する方法を見つけることです。当社ではエネルギーや水の使用量削減、廃棄物の削減から始めていますが、全面的に重視しているのは、市場を通じて革新を進め、人と動物にとって健全なシステムを構築することです。

健全な地球についての活動:

気候変動問題への取り組み

  •  当社は、事業活動において温室効果ガス排出量を削減しています。
  • サプライチェーンにおいて、低炭素または無炭素の輸送手段を選択しています。
  • ネットゼロ達成へのモ勢いを維持するために、2025年、2030年、2040年のマイルストーンを設定しています。

クリーンエネルギーの利用

  • 施設やプロセスにおいて、再生可能エネルギーの利用を増やしています。
  •  クリーンエネルギーへの転換をサポートするためのオンサイト発電など、世界中のケミンの拠点で太陽光エネルギーの生産と利用を行っています。
  • 当社の電力使用量の45%に相当する量の再生可能エネルギーを購入しており、その代替エネルギーを利用可能になり次第増やしていく予定です。

水の使用量と水質汚染の低減

  •  衣類仕上げ工程では、新しい手法で水の摂取量を根本的に減らしています。
  •  サプライチェーン内で協力し、溶剤の使用、クリーンな抽出方法、環境政策の懸念事項に対処しています。

廃棄物の削減

  • 廃棄物を削減し、使用可能資源の循環モデルを特定する方法を積極的に追求しています。
  • より大きなトートバッグを使用する、バルク輸送を行うなど、包装を見直してできる限り廃棄物を減らしています。
  •  サプライヤーと協力して、廃棄物の回収と持続可能な再加工・処分に取り組んでいます。
  • ケミンの拠点では、単回使用のプラスチックを堆肥にできる、再利用できる、またはリサイクル可能な製品に置き換えています。
healthy_business_icon

健全なビジネス

持続可能性マインドセットをビジネスに取り入れる

私たちが、お客様、従業員、パートナーの生活、そして当社が事業を展開する地域社会の生活を改善できるように、持続可能性ガバナンスに従って意思決定が行われます。ケミンの取り組みとビジネス慣行を通して、私たちは持続可能性を高める力をステークホルダーに与え、一方でケミンが今後も、変化を推進する製品やサービスを導入できるようにします。

もちろん、私たちだけではどうにもなりません。私たちはお客様を将来の世代のためのビジョンを創造するにあたってのパートナーとしてとらえています。そして人と動物の健康と栄養、ペットフード、養殖、栄養補助食品、食品技術、作物技術、繊維、バイオ燃料、動物用ワクチン産業において、お客様がその環境への影響を軽減できるよう尽力しています。これらの製品やサービスによって、今日のビジネスの変化を促進し、持続可能性のスチュワードシップをもたせ、利他的な目標と財政的な目標の双方を達成できるように支援します。

健全なビジネスについての活動:

持続可能性ガバナンス

  • 当社は、持続可能性ガバナンスモデルを開発し、それを順守します。そのモデルによって持続可能性がビジネスのあらゆる側面に組み込まれることを確保し、その結果、持続可能な行動、プログラム、製品、サービスに結びつきます。
  • ケミンのグローバル環境方針声明を順守しています。
  • 企業持続可能性を担当する役割を設けました。世界各地でケミンの持続可能性の取り組みを実施、推進、モニタリング、測定することのみに専念するポジションです。

持続可能な農業の実践

  • 環境に配慮した栽培方法で、植物由来の持続可能な製品を生産し、お客様に提供しています。
  • 効率的で持続可能な栽培システムを保証する機械、生物農薬、除草剤、栽培方法を開発しています。
  • 世界中の専門的な生産者や家族経営の農家と提携し、持続可能で有効な一貫性のある方法および製品を維持しています。
  • 食品グレードで生分解性があり、ミツバチや作業員にも安全な生物農薬や土壌改良剤で土壌の健康を維持し、環境負荷を低減しています。
  •  持続可能な養殖イニシアチブの開発に専門知識とリソースを提供しています。
  • SCSグローバルサービスによって「Sustainably Grown®(持続可能な方法で栽培)」の認定を受けた特殊作物には、持続可能な作物栽培学的方法を用いています。

持続可能な製品開発

  • 製品のライフサイクルアセスメントを実施して、環境への影響を明らかにしています。
  • プロジェクトのパイプラインに持続可能性の要素を盛り込み、検討を求めています。

サプライチェーンの協力

ケミンは、関連する持続可能性団体に参加し、持続可能性目標への関与とコミットメントを表明しています。以下のとおりです。

  • CDP(旧名称:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)、EcoVadis、SMETA(Sedex Members Ethical Trade Audit)を通じたサプライチェーンに関する報告により、従業員とお客様には当社がグローバルサプライチェーンの責任ある一員であることがわかります。
  • 「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」、「責任ある大豆のための円卓会議(RTRS)」のメンバーです。

 

お問合せ