豚でのケンザイム マップ (KEMZYME™ MAP) の恩恵

母豚の乳から固形飼料と新たな環境への変化を伴う離乳は、プロテアーゼやアミラーゼといった内因性の酵素の分泌に対して非常にマイナスの影響を与える。子豚の健康と成長にとって、極めて重要な時期に、酵素の正しい組合せは、餌料中の非デンプン多糖類(NSP)複合体基質の分解し、内因性の酵素の分泌の減少を補うのに不可欠である。

ケンザイム マップ(KEMZYME MAP)は、この製品にすべての必要となる酵素を組合せ、子豚の飼料にとって、費用対効果の優れた選択肢を提供する。

 

豚の酵素飼料を使用する利点

豚の成長機能に対するケンザイム マップ (KEMZYME MAP) の効果

豚における肥育試験は、ベトナムの農業研究所において、30日齢から90日齢までの期間実施した。

試験区分は表のとおり。

  1. 陽性対照飼料(コーン、大豆、米粉、魚粉)
  2. 陰性対照飼料(代謝エネルギー1kg当たり60kcal以下及び粗タンパク0.5%)
  3. 試験群(陰性対照飼料+飼料1トン当たりケンザイム マップ ドライ0.5kg添加)
  4. 他社酵素群(陰性対照飼料+飼料1トン当たり他社品0.5kg添加)

 

豚におけるケンザイム マップ(KEMZYME MAP)の効果

豚の成長パフォーマンスの KEMZYME マップの影響上のテーブル。

豚におけるケンザイム マップ添加による回腸でのアミノ酸の消化性

ケンザイム マップの消化力に関する機能を調べるため、豚における飼養試験を、ベトナムの農業研究所で実施した。

豚は、0.8×1.5mの代謝ケージに、個々に収容した。個々の代謝ケージには、糞便と尿を分離し、いずれも完全に集めることができる、尿を集める収集トレイと糞便を集めるトレイの上に細かな網のついた収集トレイがついていた。

飼料はマッシュで、自由摂餌とした。。

 

豚におけるケンザイム マップ添加による回腸でのアミノ酸の消化性

豚のアミノ酸の回腸の消化率に及ぼす KEMZYME マップの重要な効果のグラフ。