Aleta™ アリータ関連文献

Aleta™アリータ : 作用機序

By Dr. L.V. Bindhu, Kemin Animal Nutrition & Health, Asia Pacific

この調査の目的は、paramylonがマクロファージや樹状細胞(DCs)のような免疫細胞によって直ちに貪食されるかどうかを確認するために行われた。試験結果から、paramylon顆粒がマクロファージ及び樹状細胞によって直ちに貪食されることが分かった。加えて、これらのことが細胞を活性化し、その後ベータグルカン・フラグメントを放出し、免疫反応を調整する。

Click here ダウンロードはこちらをクリック!

プロバイオティック細菌の成長を促進するAleta™ アリータの作用: In Vitro 試験

By Dr. L.V. Bindhu, Kemin Animal Nutrition & Health, Asia Pacific

ベータグルカンは動物には消化されないが、小腸でプロバイオティック細菌に利用されることがよく知られている。ベータグルカンを経口的に補給することで、短鎖脂肪酸などの有用な代謝物が得られ、腸内pHが低下し、ラクトバシラスやビフィドバクテリアなどのプロバイティック細菌が増加します。本試験の目的は、一般的な培養液にみられるD型グルコースと比較して、基質として乾燥藻類(アリータ)を用いて、ラクトバシラスとビフィドバクテリアのin vitroにおける成長を評価することにありました。

Click here ダウンロードはこちらをクリック!